blog ブログ

ブログ
2022.05.26

姿勢でお悩みの方へ

姿勢は痛み、不調を引き起こす原因の一つです。

皆様は姿勢が良い人で痛みや不調で辛そうにしている人はあまり見たことがありませんよね。

痛みや不調が慢性的にあると交感神経が優位になり姿勢が丸くなります。

例えば猫や動物が何か警戒するとき体を丸くしますよね。人間ではボクサーなんかは身体を丸くし常に警戒しながら戦いますよね。これも交感神経が優位になっている証です。

このように何かから身を守ろうとすると交感神経が働きます。痛みや不調も同じで交感神経優位になるので慢性的になると身体が丸くなり姿勢が悪くなるのです。

姿勢が悪いことが続くと痛みを避けようと身体が歪み、傷が治ったころには姿勢が痛みから避けようとした姿勢でかたまります。

皆様も町中で身体が片方に曲がっている人を見かけたことはありませんか?それは痛みから避けた状態で固まってしまったからです。

人間は恒常性の生き物なので、癖がついたらなかなか元に戻りません。なぜならその姿勢が普通になり、正しい姿勢をしようとすると違和感がありなかなか変えれません。

私たち人間は習慣化された行動が5割といわれており、半分は習慣化された行動を取るのです。また、習慣化するには平均で2ヶ月かかると言われています。なかなか習慣になるまで時間がかかり、反復し、目標がないと続かず、すぐやめてしまいますよね。

習慣化するテクニックはいくつかありますが、ここでは省きます。

このように慢性化になるとなかなか姿勢が戻らない理由が分かっていただけましたか?

当院では痛み、不調が出たら早めに施術するように伝えております。それは痛み、不調がとれた後のことも考えているからです。

痛み、不調が続けば、交感神経が優位になる時間が続き自律神経の乱れ、姿勢が悪くなる他、筋肉が守ろうと固まるため血流が悪くなり、冷えの原因につながります。この他にもたくさん理由がありますが、もう一つの大きな理由として、早いほうが身体も傷を早く治そうとするからです。

また、痛みの原因がはっきりしていることが多く、気をつけてほしいこと、あまりやらない方が良いことなど生活指導もしっかり行うことができるからです。

何か症状がありましたら早めに施術して回復したほうが良い理由はなんとなくでも分かりましたか?

現代社会ではストレスや仕事の関係でどうしても負担が大きくなりがちで、症状が全くない方の方が珍しいのが現状です。

スポーツ選手は毎回練習後リカバリーするために電気や、マッサージ、鍼灸などしますよね。

これはパフォーマンスを最大限毎回出せるようにするためです。

私たちが何かしようと仕事で頑張る、たくさん楽しく遊ぶなど生活を充実させるためにもリカバリーし健康でいることが大切です。

鍼灸など東洋医学は予防医学でもあります。定期的に身体をメンテナンスして頑張れる、楽しめる身体を一緒に作っていきませんか?

鍼灸院 侑秀 NIIGATA 院長 吉原侑星より