blog ブログ

ブログ
2022.05.07

嘔吐、吐き気、めまいでお悩みの方へ

嘔吐は何で起こるか知ってますか?

嘔吐は脳蓋内圧亢進によるもの、視覚、味覚、嗅覚などの大脳皮質からの刺激によるもの、心臓、消化器など内臓に分布する自律神経へ刺激するもの、抗癌剤など薬物や細菌などの毒素など化学的刺激によるもの、乗り物酔いなど前庭神経への刺激によるものなどさまざまあります。また、嘔吐中枢は脳の延髄というところにあります。

嘔吐は辛いですよね。基本的には楽な姿勢で安静にしていることが大切になります。

嘔吐がおこるには一定のレベル刺激されるとおこるのでその前に対処することで、嘔吐が起きにくくすることは可能です。例えば、食べ過ぎて少しゲップが出て来る回数が増えてこれ以上食べるとくるなと分かるのでこれ以上食べなければ吐くまではいくことは少ないですよね?

このように自分で対処できるものは良いのですが、めまいや頭痛、抗癌剤などの薬物によるもの、乗り物酔いなどはそうはいかないですよね。

乗り物酔いや吐き気のツボでは「内関」というツボがよく効くことが分かっているので、乗り物に乗る前や気持ち悪くなりそうなときはこのツボを押すといいですよ。場所はネットで検索すると出てきますので調べてみて下さい。

めまいや頭痛は前庭神経の血流量の低下や自律神経が乱れる、首肩のこりが続くと起こりやすくなりますので首肩のこりをとっていくことでめまいや頭痛が起こりにくくなり、嘔吐もなくなっていきます。

首肩のこりからめまい、頭痛が起きている場合は奥の筋肉の血流が悪くなっていることが多くありますので、鍼灸施術が奥の筋肉までアプローチできるので向いております。

抗癌剤などの薬物による副作用も鍼灸をすることで緩和することもありますので、痛み止めなどでも効かない場合は試してみて下さい。

まず原因はいろいろあると思いますので、それを見つけ出して、早めに対処していくことが大切になります。嘔吐、吐き気、気持ち悪さでお悩みの方は是非鍼灸院へきてみて下さい!